鑑評会出品用の吟醸酒は、昔より蔵人の技術練磨のため少量のみ仕込まれます。門外不出の手間をかけた真実の逸品をお届けします。
二、中取り
中程の最良の澄んだ品質の良い酒のみをとる。
 
一、搾り
(袋吊り)

自然の重力にまかせる伝統の技法。透明なしずく一滴一滴が、時を刻むごとに落ちてゆくのをひたすら待つ…。

 

 

 

三、斗瓶取り
ガラス製の大きな一斗瓶に集め静かに熟成。