世界で唯一の醗酵方法である「並行複醗酵(へいこうふくはっこう)」日本酒は最も複雑な過程を経て造られます。
一瞬の油断は、意図するものとは別のものとなってしまします。醪(もろみ)管理はタンク一本につき一ヶ月余り続きます。長い醗酵の旅に出る麹と酵母たち。仕込水は奥羽山系地下涌水を使い、秒刻みで行う洗米、そして蒸し。
厳寒の中、蔵人達の詩(うた)が響く。雪解けの頃、新酒はゆっくりと熟成をはじめる。


仕込10号
水泡時の醪(もろみ)

宮城県のオリジナル純米酒用酵母。愛称「宮城・マイ酵母」 に決定。
2001.1.29付
 
もろみ分析試料採取 AM6:00
アルコール分、日本酒度、酸度、アミノ酸等を毎日チェックします。

  蒸米の放冷
熱い蒸米を仕込温度までさましてから仕込に使います。